山旅|稜線日記

登山が大好きで年中どっかの山を歩いてます!このブログでは主に自分自身の山行記録や、使い勝手が良かった登山用品の紹介等をしていきます!

ATCのテストとA懸垂岩で岩トレ!

f:id:tana0714:20180314010009j:plain

どうも!お疲れ様です( ´ ▽ ` )

今回は新アイテムの実践テストをしに六甲山の

A懸垂岩に来てみてました!

相変わらずそびえ立ってますねー! 


A懸垂岩は六甲山の滝の茶屋より地獄谷て谷を詰めたところにある大きな外岩です


土日になるとクライミングの練習をする方がチラホラいらっしゃるこの外岩練習場。

私はクライミングは専門外でおそらくやらない

↑だって家族に止められてますから笑


しかしながら岩トレをしたりすると岩稜ルートや岩場がなんて怖く無くなるし、万一の時に懸垂下降を会得してて損することはないですしね。

万一の保険の為にも練習しにきます。


そして今回はニューアイテムの導入!こちら

f:id:tana0714:20180314010557j:plain

ブラックダイヤモンド ATCガイド


今までは8環の使用で懸垂下降してましたが、

色んな用途があるこのATCガイドも導入したいと

思い、ゲットしちゃいました。


まず懸垂下降は2つのモードがあります。

①写真上の部分で行うレギュラーフリクション

②手前の溝で行うハイフリクションモード


よくYouTubeの映像で見ますが、ホントそのとおりでハイフリクションの方がよくブレーキが効いてます?またロープを2本通したりする場合や

勢いが殺されにくいのはレギュラーフリクションの方がやや8環に似た速さで懸垂下降がしやすかったですね( ´ ▽ ` )  


f:id:tana0714:20180314011451j:plain

ちなみにこちらはレギュラーフリクション

シングルロープの場合だとスピードが良くでますね!懸垂下降楽しぃ!!笑

ちなまにこの逆がハイフリクションです。


またATCガイドにはガイドモードも搭載しており、リードクライマーのビレイやセカンドクライマーの確保など様々な使い方ができるのが良いですよね( ´ ▽ ` )

↑ただ、使うのかな笑笑?自分笑

まぁ、1人では使わない機能なんで2人以上で、

岩トレ来たときには使えそうですね。

基本的にはソロが多いので使う出番を考えると

やはり8環でも十分なのですが、

8環より制動力があるので懸垂下降中に静止する必要があったり登り返しが必要な時はこちらの方が使い勝手的には良さそうです!


それを今回はA懸垂岩で実践テストです。

f:id:tana0714:20180314024001j:plain

トップのアンカーにヌンチャク2本で支点を作り、トップロープで懸垂下降とついでにプルージック登攀で岩トレ開始!

さすがに登攀中や懸垂中に写真を撮る余裕はまだわたしには難しかったです笑


f:id:tana0714:20180314024727j:plain

A懸頭部からロックガーデンがよく見えました。

B懸、C懸、奥には万物相!

いい眺めですねー!


今度はキャッスルウォールでもテストして見たいですね。それではこの辺でお疲れ様でしたー!



最後に今回使ったATCガイドの詳細

f:id:tana0714:20180314025458j:plain

Amazon参考価格3000円ほど。

使い方はブラックダイヤモンドの公式ページに

記載があります。参考までにリンク先

https://www.lostarrow.co.jp/blackdiamond/support/techinfo/TI2006_BD_ATCguide-Usage.html