山旅|稜線日記

登山が大好きで年中どっかの山を歩いてます!このブログでは主に自分自身の山行記録や、使い勝手が良かった登山用品の紹介等をしていきます!

軽アイゼンのメンテナンス

お疲れ様です!

今年も冬山の季節真っ只中ですね^ ^

冬山といえば必ず持っていくのがこちら

f:id:tana0714:20180213090438j:plain


冬山のオトモ!アイゼンです。

今回メンテナンスするのは、

里山などの低山歩きに使われる4本から10本爪まである軽アイゼン。

この時期は必須ですよねー。


私がよく低山歩きにもっていくのはモンベルから

出てるこちらスノースパイク6クイックフィット

f:id:tana0714:20180213091133j:plain

モンベルストアで5800円ほどで販売されてます。

止め具がゴムタイプのものもありますが耐久性や装着の速さと手軽さ考えるとこちらの方が高いけど個人的にはオススメ!

着脱の楽さがナイスなんです。

レバーをイジるだけで締め付けて固定されるし、

レバーをあげたら簡単に脱げる!

この楽さが売りですよね^ ^


さて今回は何度か雪山で使ったアイゼンのメンテナンス方法をご紹介します。


まずは使ったあとの簡易処理は水で泥や着いたゴミなどを洗い流しましょう!

※そのままにしてるとすぐに錆びます!


その後はタオルなどで軽く水を拭き取ります。


次からが肝心なところ!

アイゼンの爪は何度か山行に使うと尖ってた爪が削れて丸くなってきます。

個人差がありますが丸いなと思ったらコチラの

手入れが必要になります。


アイゼンメンテナンス 爪を尖らす!


丸くなった爪を鉄ヤスリで研磨して尖らす必要があります。凍結した斜面でアイゼンが刺さらないとバランスを崩し、怪我につながる恐れがあります。

そこで使うのがこちら

f:id:tana0714:20180213092539j:plain

鉄工用のヤスリ 粗目←これ大事

ヤスリは仕上げ用や中目、粗目と種類がありますが作業効率を上げる為に粗目で行います。

また、サンドペーパーも仕上げ用にあった方が

いいですね。綺麗に仕上がります。


準備ができたら研磨開始!

研磨のやり方は爪のサイドの部分を尖っている方向に向けて一定方向に削っていきます。

写真の赤いとこを下に向かって削っていきます。f:id:tana0714:20180213093247j:plain


ここを横着してヤスリを往復されると逆にデコボコになり全然はかどりません笑

研磨加減は先端を指で押してチクっとするくらいまでできれば大丈夫です。

これを爪の数だけ順番に行っていきます。


f:id:tana0714:20180213093505j:plain


上の写真の左爪が研磨済み、右が丸くなってるのがわかりますか??←ちょいヘタですみません笑


研磨が終わったらサンドペーパーで仕上げていきます。ちょっとしたボコボコが綺麗になります。


終わったら少し水で軽く洗ってまたタオルで拭きとります。


最後に錆止めとして防腐剤やオイルを研磨した爪の部分に塗って完成です!

私はロードバイクのオイルを使ってます。

ホントは登山用品店のメンテナンスオイルがベストです。もしくは女性の方ならマニキュアを塗るのもいいみたいですよ!

私は嫁のマニキュアに手出したら、怒られそう笑


最後に

せっかく買った登山用品は長持ちさせたいですよねー。1年前に買ったアイゼンが開けたら錆びてたなんてよく聞く話です笑笑

今回ご紹介したメンテナンスはあくまで簡易なものなので、冬山シーズン終わりのメンテナンスとはやや異なります。

また機会があればUPしたいと思うのでよろしくお願いします^_^